製品紹介

マルチカンパニー機能

複数の会社でセキュリティを確保しながら共同利用
たとえばグループ会社で、グループウェアによる情報共有が可能

主な機能

アクセス制御 権限によるアクセス制御
マルチドメイン 会社別メールドメイン設定
アドレス帳共有 メールのアドレス帳共有
運用管理の移譲 運用管理(ユーザ管理、組織管理など)を各社に移譲

ポイント1 会社に応じて情報へのアクセス制御ができる

会社に設定した権限によって、情報へのアクセス制御が可能です。
情報の内容に応じて、すべての会社に公開したり、自社や特定の会社に限定公開するなど、セキュリティを保ちながら情報共有できます。

ポイント2 複数の会社でメール利用可能

マルチドメインに対応。会社ごとにメールドメインを設定できます。
また、全ユーザをまとめたアドレス帳を作成して、すべての会社に共有できます。メールアドレスを知らない別会社の人も、共有アドレス帳を使ってスムーズにメールを送信できます。

ポイント3 会社をまたいだスケジュール調整が簡単にできる

他社のユーザも、スケジュールの確認や招待ができます。
登録されているスケジュールの詳細内容は、自社には公開して、他社には非公開にすることも可能。
セキュリティを保ちながらも、会社をまたいだスムーズなスケジュール調整ができます。

ポイント4 お知らせ情報の保護・管理ができる

人事異動や組織変更に伴うユーザ登録情報の変更・管理を各社の運用担当者に移譲できます。
また、お知らせの記事作成・公開、設備予約で利用できる設備の登録・変更、ユーザのパスワード再発行なども移譲できます。
運用管理の業務を、各社で分担することができます。
資料請求/お問い合わせ無料トライアル電話番号によるお問い合わせ 03-5773-8588

↑このページのトップへ