製品紹介

スケジュール

主な機能

登録 スケジュール登録、ドラッグ操作での時間指定、設備同時予約、ファイル添付、定期予定登録、リマインダー、参加必須登録、来訪者情報登録
参照 スケジュール表示、日別・週別・月別表示、グループ表示
編集 スケジュールの変更・削除、コメント返信、参加可否回答、アイコン追加
検索 スケジュールの検索
初期表示設定 初期表示のカスタマイズ設定
公開範囲設定 スケジュール公開を特定メンバーに限定
代理登録 スケジュールの代理登録
メール通知機能 スケジュール招待のメール通知
印刷 スケジュールの印刷
来訪者設定 受付担当への来訪者情報の伝達

ポイント1 見やすさ、使いやすさを徹底 ドラッグ&ドロップで直感的操作

スケジュールごとにマーク付けや色分けによって種類や重要度を識別、予定の変更が生じても、ドラッグ&ドロップで簡単に行えます。もちろん、日・週・月単位での表示も可能ですので、ポイントを絞ったスケジュールの確認、スケジュール全体を俯瞰的に検討するといったことも可能です。

ポイント2 グループ単位でスケジュール管理できる

自分のスケジュールだけでなく、課や部といった単位や「○○プロジェクトのメンバー」「××製品関連メンバー」といった業務単位でのグループを作成し、画面上で切り替えて確認できますので、スケジュール調整の効率がぐんと向上します。

ポイント3 スケジュール登録と同時に設備予約できる

メンバのスケジュール確認とあわせて、会議室やパソコンなど設備の空き状況を確認しながら予約も一括で処理することができます。スケジュール調整に伴って発生するさまざまなことを連動処理し、業務の生産性向上につながります。

ポイント4 スケジュール招待予定をひとめで確認できる

自分が招待された会議は3色に色分けされ、新規・変更・不参加の状態をひと目で確認することができます。
ポイント4 スケジュール招待予定をひとめで確認できる

ポイント5 スケジュール調整が驚くほどスムーズに

主催者は、会議の参加メンバを「ゲスト」に、会議室や機器を「利用設備」に追加します。
さらに定例会など、複数日の登録も「複数日指定」のカレンダーから日付を選択して1回の操作で登録できます。
メールや電話を使わなくともスケジュール調整が可能になり、時間のかかる会議開催の告知を楽に短時間で行えます。

ゲスト(参加者)は、出欠の返事もその場で行え、必要に応じてコメントも追加できます。コメントは、関係者全員で共有できます。

資料請求/お問い合わせ無料トライアル電話番号によるお問い合わせ 03-5773-8588

↑このページのトップへ